淋病の感染ルートと症状について

淋病とは、淋菌と呼ばれる細菌によって引き起こされる性感染症のことです。

感染経路としては、一般的に性交渉による感染が主であり、1回の性交渉において30%の割合で感染するとされており、比較的高い確率で感染する病気です。
挿入行為を伴う性行為が中心ではありますが、その他にもフェラチオなどを含むオーラルセックスによっても感染することが知られています。
フェラチオでは咽頭から性器に感染するケースが多くなっています。
淋菌自体は弱い菌であるため、オーラルセックスを含んだ性交渉以外での感染は稀ですが、母子感染による感染も見られています。
例えば赤ちゃん分娩時に、母親が淋菌に感染していると赤ちゃんが産道を通って生まれてくる際に感染する可能性があり、淋菌性結膜炎を引き起こしてしまうことがあります。
淋病に感染した場合の症状はどのようなものなのでしょうか。
男性は、尿道の粘膜に感染した場合は尿道炎によって排尿痛を感じる方が多数いらっしゃいます。
ただ、咽頭へ感染したケースは症状が現れにくいので、気づかぬうちに感染していたという方も多いです。
一方の女性は、膿のようなおりものが分泌されることもありますが、基本的には自覚症状が少ないとされています。
男性同様、咽頭へ感染した場合は症状が現れにくいです。
ただ、妊娠時に淋菌に感染してしまうと、流産や早産になったり、破水してしまう恐れがあります。
クラミジアのように不妊や子宮外妊娠の原因になってしまうこともあるので感染には注意が必要です。