クラミジアの感染ルートと症状を知って性病予防

クラミジアは日本で最も感染者数が多いと言われるほど、感染率が高い性病の1つです。

特に最近では、性病に関する知識をあまり持たない10代後半から20代にかけての感染者が増加しています。
そのため、感染ルートや症状について知り、感染予防と同時に、万が一、症状が現れたときにはパートナーなど他人にうつさないよう配慮することが求められているのです。
感染ルートは通常のセックスをはじめ、アナルセックスやオーラルセックスで感染します。
菌を持っている人とセックスを通じて粘膜が接触したり、精液や腟分泌液に触れることで感染していきます。
最近は特にオーラルセックスによる感染で、口腔内や喉に炎症を起こす人が増えています。
厄介なのは感染しても、症状を認識しにくいところです。
症状に気づきづらいため、感染に気付かず、パートナーにうつしてしまうことが少なくありません。
男性の場合は軽い排尿痛や尿道のかゆみや不快感、尿道からの膿が出るケースがあります。
また、悪化すると精巣上体が腫れたり、軽い発熱や痛みを伴うこともあります。
女性の場合はおりものが増加したり、不正出血を起こしたり、下腹部の痛みや性交時の痛みが生じます。
もっとも、これらの症状は生理前の症状や生理痛などとも似ているため、クラミジアに感染していると気づきにくい「のです。
データによると、感染した女性の半数以上が全く症状を感じず、感染に気付いていないと言われています。
気づかずにいると他人にうつしてしまうリスクがあるだけでなく、気づかない間に炎症が進行し、卵管炎を発症して将来的に不妊症になったり、子宮外妊娠を起こす虞がありますので気を付けなければなりません。
また、酷くなると劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎といた炎症を引き起こすこともあります。
一方、フェラチオなどのオーラルセックスで感染した場合にはのどの腫れや痛み、発熱などを生じます。
ただし、感染しても全く症状が出ないケースや風邪と間違えるケースも多いため、注意が必要です。